« 乙女椿 | Main | がお吉 »

Saturday, 29 April 2017

Leica M (Type 240)

L1000036L1000043L1000045完全に筆者の常用カメラになっている DMC-GM5 だが、先日乙女椿を撮った時に、描写の感じが纏まってはいるのだが少し違和感を覚えたので、Leica M + AME で撮ってみた。思えば、この Leica M をあまり使うこと無く Leica M10 が出てしまい、加えて Leica SL という難物も出てきてしまっているのだ。筆者は、Leica SL にも食指が動かないわけではないが、またぞろ純正 AF レンズを揃えて、、、といった事はもうお腹いっぱいなので、暫くは Leica M (Type 240) と DMC-GM5 或いはその後継で十分かな?と思っている。実は、Leica M + AME を持ってそのあまりの重さにチトうんざりもしたのである。白菊(椿)の描写は、これは AME によるところが大きいのだろう。AME の飾らない素直な描写が素晴らしい。アリッサムとルピナス、素晴らしいいぼけ味、ピント面のシャープさ、筆者には十分である。
L1000038L1000044続いてチェリージュビリー(椿)と忘れな草。期待に違わない描写。やはり、厳密に「写す」というより、若干の演出が効くのが AME の凄い所である。最近の「凄い」レンズ群に関しては知らないが、繰り返すが筆者には十分な描写である。Leica M でのピント合わせは、拡大モードにしてもなかなか難しいものがあるのは事実だが、ピント位置をずらして数枚撮ればなんとかなる、、、のだ。
L1000048最後に、本命(!?)の乙女椿、、、過日撮影したやはりライカが設計し、その基準を満たしたとされる DG Macro-Elmarit 45mm/f2.8 ASPH. と、描写が違う気がする。AME は、AME の描写だ。なんとなく安心してしまった。
(Leica M, AME, Capture One 10 PRO, PS CC 2017)

|

« 乙女椿 | Main | がお吉 »

Comments

こんにちは。ご無沙汰していました。やはりM + AME飲む描写は別格ですね。私はM に 60mmで接写して楽しんでいましたがそれでもfocusには苦労しました。最近、SONY α7 2にAF化することが可能なTechart LM-EA7というアダブターリングを装着してMレンズで撮影を楽しんでいます。従来のMレンズでAF化できるというので購入しましたがなかなかすぐりものです。一部の広角Mレンズには使用制限がありますが(ビネッティング、色かぶり)、結構便利でするR-M アダプターを追加すれば全てのRレンズ(700 g以下)が使用可能でMレンズと違う描写を楽しめます。もちろんset upとしてはMレンズの方が小型ですがRレンズの長玉でも、ある程度フォーカスリングを動かしておくと最後のピントが欲しいところに合焦させてくれます。それと何より手振れ防止がボディに内蔵されていて効果を実感できます。今度AMEも使ってみます。

Posted by: イチロウ | Tuesday, 09 May 2017 at 07:30

それと言い忘れましたがモーターでアダプター内蔵のヘリコイドを繰り出して合焦させますので最低撮影距離が短くなります。レンズに見よりますがMレンズで30 cm以下の接写が楽しめるので結構その点でも便利です。先日フランスに行った際には花を35 mmでたくさん撮りました。パリは厳戒体制で疲れましたが帰りのJAL便のビジネスも混んでいてこぎゅうぎゅう詰めでしかもサービスが悪く疲れましたが、このset upだと重いR-60 mmが必要ないのでその分は身軽でした。(笑)

Posted by: イチロウ | Tuesday, 09 May 2017 at 07:38

イチロウさん、ご無沙汰しております。

写真三昧のご様子、恐悦至極に存じます。
SONY さんの α シリーズは、デジタルの時代に蘇ったアルパみたいにアダプターが充実していて、おおよそ何でも付きますね、、、しかもミラーが無いし。

これは、誠に個人的な部分ですが、SONY さんのボディの殆どの機能を活かせない、、、加えて、SONY さん純正のレンズのライン・アップが、弱い、、、この点に関しては、アナクロかもしれませんが、受注生産でも良いのでせめて単焦点で一通りのレンズを揃えて欲しいです。加えてパートナーだかなんだか知りませんが、Zeiss がボコボコ出してくるレンズ群が「うざい」、、、わはは。

α は、そそるボディで、今でも持ってますが、なんだか使いたくないんですよね、、、ヤシコンのレンズも揃ってるので、撮りたい気はあるのですが、、、って、こんな事言ってるとそのうち使わなくなりそうであります。って、今は楽器かしら?いえいえ、カメラと楽器はアタシの両輪ですから。

パリに行かれてたんですか?いいなぁ、、、パリは JAL とエアフラでかつて十数回行きましたが全部仕事、、、フォーブル・サントノーレの某物件、、、でも楽しかったなぁ、、、捲土重来でも目指しますか?

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 09 May 2017 at 09:06

返信ありがとうございました。本当にご無沙汰していました。三昧というか、楽をしたくてAFのアダプターをつけて色々と遊んでいます。PanaのGX5も持っているのですがライカでAFという見果てぬ夢?(笑)とやはりフルフレームでBokehのある写真が撮りたいという2つの理由でα7 2を入手しました。今ちょうどAMEを試していたところですが、まずは多少大雑把に繰り出さなくてはいけませんがAFできるのは(もちろん開放でもちゃんと焦点合います)は便利です。手振れ防止機能も想像以上にきいてくれて重宝します。
パリは厳戒下で軽機関銃を持った軍人があちこちで警備しています。すぐになれましたがやはり初めは緊張しました。それとどこに行ってもセキュリティーチェックで時間が予定より大幅にかかり疲れました。今回の目的はジベルニーとモンサンミッシェルでしたがそうなると軽装備のカメラは楽でした。勿論、ライカMとは違う描写になりますがPSで調整するとちゃんとライカします(笑)。JALはビジネスでもシーティングが2-3-2なので窮屈で、その上、連休で満席状態、サービスは今までで最低でした。Air France やANAは1-2-1ですのでそちらにすれば良かったと反省しきりです。是非、観光と写真撮りにパリにいらして(捲土重来)素敵な写真拝見させてください。

Posted by: イチロウ | Tuesday, 09 May 2017 at 17:07

イチロウさん、コメント有り難うございます。

SONY α7II は、それこそアダプターがあれば万能でしょうね、、、アタシも R レンズ用とヤシコンレンズ用のアダプターは入手しましたが、今は AF 用があるのですネ!需要があるから供給も、、、で、それが売れてまたまた発展、、、良いサイクルが出来てますネ。実は、Nikon Df が突然欲しくなったりもしたのですが、Df II という噂もあるので、、、でも、Nikon さんは、どうだろうなぁ?

フランスは、パリ以外行ったことないです、、、うぅ。ジベルニーって、ノルマンディ方面かな?リヨンとかも行ってみたいなぁ、、、モンサンミッシェルはもう絶対行きたいですよね、、、。

東京ーパリ (CDG) だと、やはりビジネス乗りたいですよね、、、10時間超えのフライトですし、到着してからの疲れ方が違いますから、、、う〜む、また稼がなくっちゃ、、、(;^^A

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 13 May 2017 at 12:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 乙女椿 | Main | がお吉 »