« 霧原の氷 II | Main | Happy »

Saturday, 24 June 2017

6 月 24 日

L1110072L1110074この 6 月 24 日というのは、このネジバナの特異日のようで、昨年の同じ日に、やはり拙宅の庭でこのネジバナを発見したのだった。今年は、発掘(!)した DMR と AME で撮ってみた。フィルム様、しかも PKR 的な色合いと写りだ。隣家との境界のところに植え替えたランタナ、地植えにしたら盛大に繁茂してくれた。基本の株はもう十数年いやそれ以上引っ越しの度に一緒に移動したものだが、そうなると今の家にすがるしか無いか、、、とか思い思いしているのだが。
(DMR, AME, Capture One 10 PRO, PS CC 2017)

|

« 霧原の氷 II | Main | Happy »

Comments

同じ暦の日に、、とは、実に特異な、、でも、昨年の初見の日を覚えていた野本さんこそ、、(e_e)であります。ネジバナの螺旋状と花弁の形や色がとても鮮やかに浮き立って、3Dを見るような素敵な一枚ですね。背景が印象派の絵画のようなテイストで幻想的、、ステレオグラムとして見てみると、ネジバナの鮮明な姿がもう一つ浮かんで来て、つい嬉しくなり、楽しいですね(^o^)

Posted by: 杠葉 | Sunday, 25 June 2017 at 12:00

杠葉さん、コメント有難うございます。

あ、覚えていたのではなくて Facebook が知らせてくれて、おぉ、そうだったのか!ということであります。ネジバナの種がどういう経緯で飛んできたのかは分かりませんが、今年は植え替えた木香薔薇の白と黄色がそれぞれ根付いてくれて、但し先日の強風で幹が少し傷んだ方は接ぎ木テープで養生してますが。更に同じくテストケースとして裏から表に植え替えたジャスミンが、ダメだった、、、と思いきや、青葉が出てきたりと嬉しいニュースもあり、なんだかホッコリしています。

雨降りはそうでもないのですが、湿気がかなり凄いですね!

Posted by: 野本 巖 | Sunday, 25 June 2017 at 22:10

なるほど、Facebook でしたか。野本さんの記憶力はスパコン並み、、と疑って(?)しまいました(*^^*)

心配していたハナミズキは順調のようでしたが、木香薔薇は、移植後が気になっていました。接ぎ木テープで養生とは痛々しい、、ですが、根付いているようでしたら一安心ですね。前庭に株分けされたジャスミンにも青葉が出ていたとは、驚きです。雨や湿気で乾燥の問題が好転する時分、、まさに、恵みの雨、、ですね!

私は昔からコーヒー党ですが、ジャスミンティーの茶葉は常備品で、夏冬関係なく飲んでいます。中国・台湾産で、湯を注ぐとカップの中で開花する豪華なもの(既にご存知かと、、)が入手できた時からですが、視覚的にも楽しめるのが良かったです。先日は、カモミール絵柄のガラスマグでアイスジャスミンティーを飲みながら、ホッコリ、サッパリ、スッキリでした(^_^)v

ランタナも大盛況で、明るく賑やか、、蝶や蜂など多く訪れてくれそうですネ!

Posted by: 杠葉 | Monday, 26 June 2017 at 08:15

杠葉さん、コメント有難うございます。

時折、凄まじいと呼べる東西からの風が吹くのとやはり日照による乾燥対策が必須であります。また、優しいお花系の草木は駄目になってしまいます。おそらく塩害もあるのでしょうか?それでも頑張ってくれる姿を有難く拝ませて貰ってます。

ジャスミンティーは、香港でココのを買います。通常は International Financial Centre (通称 IFC)内の店ですが、空港にも支店があります。それと、ウーロン茶(鉄観音茶)の良いものは、やはり台湾産のものがより美味しいかもしれません。まぁ、あまりコダワリは無いので、何でも飲んで食っちゃいますが、、、わはは。

http://www.hongkongnavi.com/shop/71/

長い茶葉(?)がぐるぐる巻きになって丸い粒になっているものが美味しいです。って、いつも差し上げてしまうので、あまり飲みませんが。

Posted by: 野本 巖 | Monday, 26 June 2017 at 11:04

野本さん、嬉しい情報を有難うございます!
(と同時に、ご多忙の中で恐縮です、、^_^;)

ぐるぐる巻きの丸い粒、、は、飲み切った後のティーポットに残る茶葉が異様な長さで最初は奇妙に見えましたが、確かに美味しいですね!台湾烏龍茶も、、今の在庫は、香擯(シャンピン、、ピンは木偏なのですが、漢字が出ない、、(>_<)茶葉で、上品で爽やかな香りとほんのり甘みがあり、紅茶のようで好きです(^.^)ドライフラワーの小さな鞠のようなジャスミンティー、、初めて飲んだのは、ワインレッドのような赤いお茶でしたが、、三田の貿易センター最上階にあるレストランで戴いたものは、美しいピンク色の開花を堪能できて優しい雰囲気、また、広い窓からの眺めも素晴らしく、ゆったりして良かったです。

私も何でも飲み食いする方ですが、種類と言うより量、、痩せの大食い、三段弁当、、と昔は言われていたので、今は日に一、二食位、且つ少量を、、ですが、近年、いろんな集まりに乗じた食事の機会が増えてしまい、、来年からはお財布が寒くならないようにしたいです。まぁ、お酒だけは止められそうにありませんが(^^)

Posted by: 杠葉 | Monday, 26 June 2017 at 15:13

杠葉さん、コメント有難うございます。

烏龍茶ですと古いもの、、、数十年レベルで発酵が進んだものが美味しいとも言いますが、確かに風味は凄いのですが、新茶が美味しい緑茶のイメージがあるので、どうだろうか?という感じであります。

食は広東と言いますが、30 年前も今でもそうだと思います(中華に限ってですが)。

タバコは止めることが出来たので、酒はまあいいかと思ってます。まぁ、酒量は落ちてきてるようなそうでもないような、、、。

Posted by: 野本 巖 | Wednesday, 28 June 2017 at 07:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 霧原の氷 II | Main | Happy »