« November 2017 | Main

Sunday, 10 December 2017

冬の三浦海岸

_1030740いつもとは気分を変えて、今日は三浦海岸のスシローに行く事になり、10:30 出発で行ってきた。いつもは自衛隊武山駐屯地の先までずっと国道 134 号線で行くのだが、今日は武山駐屯地の手前の林交差点を左折して(神奈川)県道 26 号線に入り、更に右折して県道 214 号線を南下し、京急線の三浦海岸駅の横を通るルート。距離としてはカインズホームに行くほうが近いのだが、渋滞皆無で、こちらの方が早く到着した。食事後、同じフロアーにはいっているかなりでかいダイソー(100 均の店)に行き、細々とした物を買ったが、それでも安く済むのが 100 均の有り難さである。そのまま、目の前の県道 215 号線を渡り、砂浜へ。この三浦海岸は、まぐろで有名な三崎とは違い、夏は海水浴場になるが、その雄大な対岸の千葉内房の景色が素晴らしい。遠景のギザギザの山稜は鋸山だろうか?三浦大根がこれまた雄大に干してある。のどかで素晴らしい。風が強かったが、寒くは感じないほどの日差しだった。帰りも同じルートで帰り、本日で閉店のボンジュールというパン屋さんに寄ってから帰宅した。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (0)

Friday, 08 December 2017

とんかつ しょうざん

_1030732_1030734かつてはどの街に行っても、いやそれが都心であっても定食屋は個人の店で、旦那と奥さん或いは家族経営というのが基本単位だった。新橋、銀座、渋谷、新宿、神保町、六本木、虎ノ門、、、。それがいつの間にかファミリーレストランが郊外に増え、そしてチェーン展開をしている定食屋が増えるに従って、それら個人或いは家族経営の定食屋は一軒また一軒と減ってしまったのである。勿論、毎日朝から夜遅くまでの営業時間そして定休日も決まっていないような労働環境に嫌気がさし、跡継ぎがいなかったといった時代背景も有るのだろうし、一概に良い悪いで決めることは出来ないのだが。で、葉山には今や稀有な存在の定食屋が数件存在しているのだ。この食事処「しょうざん」もとんかつを中心とした限られたメニューのみでやっている店なのである。葉山町一色の店は、画像の建物の 2 階にあるのだが、看板も出ていないので、初めて行く際は、ナビでも無い限りは見つけるのに苦労するだろう。建物の 2 階に上がる階段には、シンプル過ぎる看板のみ、、、である。
_1030736昼時は混んでいる。ロースかつ定食 980 円(税別)を注文して、暫し待つ。待ち時間は、混んでいる昼食の場合、20 分程度だろうか?やや長いが、その後に続く料理を思えば、決して待てない時間ではないと後から思う。お櫃に入ったご飯に続いて、画像の食事盆が来る。自家製のソースをたっぷり掛けて、キャベツを頬張る。美味い。キャベツの段階でまずノックアウトされる。三浦半島の地元のキャベツはびっくりするほど瑞々しく美味い。とんかつは柔らかく、癖のない逸品で、油がもたれず、パン粉もサクサクで美味い。味噌汁としらす大根、漬物も美味い。ご飯を自分でよそうので、そこで調整だが、キャベツ、ご飯、味噌汁はおかわりが可能だ。胃がもたれてもおかしくない量と油物なのだが、全くそんなことは無い。お洒落な店も良いが、こういう日々の食事を支えてくれる店の存在が有り難い。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (0)

Tuesday, 05 December 2017

もう 12 月の

_10307315 日ではないか!実は、昨日還暦を迎えた、、、。正直、嬉しくも何ともないが、最後の厄らしいので、厄払いに行かねばと思う程度。更に、日曜、月曜と土曜日の都心での「飲み」に祟られ、三日酔い状態かつ今日も都心へ、、、疲れた。画像は、渋谷の変容を捉えた画期的画像になる予定だったが、なんとなく昔のアサカメ(アサヒカメラ)風になってしまった。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., CApture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (8)

« November 2017 | Main