« 雀のお宿 | Main | 雪雪雪っ! »

Sunday, 21 January 2018

がお吉一周年

_1030845がお吉を迎えて一年が過ぎた。もう完全にウチの犬である。推定 5 歳が、今日から 6 歳になる。実際はもう少し幼いのかもしれないが、これからも健やかに暮らして欲しい。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

|

« 雀のお宿 | Main | 雪雪雪っ! »

Comments

初めて書き込みさせていただきます。井内(いのうち)と申します。R-Leicaを検索して辿りつき、それ以来拝見しております。最近がお吉君が出てこないなぁと思っておりましたが、久々に可愛い姿が見れて嬉しいです。割合近所に住んでおりますので、食べ物関係は良く参考にさせていただいています。ご存知かもしれませんが、三浦のカインズそばにある充麦(みつむぎ)というパン屋さんも美味しいです。
がお吉君の姿、楽しみにしています。

Posted by: 井内 | Sunday, 21 January 2018 at 21:24

がお吉くん、元気そうでなによりです。

Posted by: ム | Monday, 22 January 2018 at 06:13

がお吉くん、ふっくらして、とても元気そうですネ!窓辺の陽光がお似合いで、、あらっ⁈がお吉くんが二頭並んで、、可愛いツインズですね!

Posted by: 杠葉 | Monday, 22 January 2018 at 15:49

井内さん、はじめまして!

本来このブログは RLFC のサイトのおまけだったのですが、サイト本体が@nifty さんのホームページ撤退の余波を受け(ってそれ以前から)、アクセスが難しくなっております、、、申し訳ありません。同時に、R-Leica が、もう幻になってしまって、、、今更 Leica SL とか出されても、、、うぅ、、、と言うので、こんな変則的な形になっております。

お近くですか?アタシは、何も知らずにこの地に来たので、外れたこと沢山書いてるかもですがヨロシクであります。

三浦のカインズさんの傍のパン屋さんというと、、、あの自然派のお店かしら?

Posted by: 野本 巌 | Monday, 22 January 2018 at 17:09

ムさん、有難うございます。

チョコ君のご快癒祈っておりますです!

Posted by: 野本 巌 | Monday, 22 January 2018 at 17:09

杠葉さん、有難うございます。

お陰様で、元気いっぱいイタズラして暮らしています。
もうアタシも年齢のせいか、怒らなくなりました、、、(;^^A

昨日も和室の障子、、、やられました。

Posted by: 野本 巌 | Monday, 22 January 2018 at 17:11

そうです、自然派のパン屋さんです。
時々自転車で一時間半ほど掛けて伺ってます。
当方も数本のRレンズをアダプターで使っていますが、そろそろ眼が…。ピントが合わないです。
がお吉くんは、元気一杯が何よりです。

Posted by: 井内 | Saturday, 27 January 2018 at 13:46

井内さん、コメント有難うございます。

自転車で、一時間半、、、凄いですネ!起伏があって、自転車は楽しそうだなぁ。アタシなんか、ピンと合わせるの忘れたりしますから、、、あはは。28mm を f8 に絞って、専ら無限遠で、、、。
がお吉は、お陰様で元気にしております。持病も無さそうですので安心しておりますが、一応ペットの保険だけは入りました。

春が待ち遠しいですネ!

Posted by: 野本 巌 | Sunday, 28 January 2018 at 09:19

ほほぉ〜、野本さんにとって「怒らなくなった年齢」って、もしかして、、障子破り、実は、がお吉くんと一緒に遊び過ぎて、一緒に怒られちゃう方になってるから、、も含まれているのでは、、って、私の妄想に過ぎないのでしょうか?( ̄^ ̄)

子どもの頃、破りたい放題のお墨付きで障子の張り替え時期が来るのは楽しみでしたが、格子に残る障子の端紙を濡れた雑巾で刮げ落とす間は、まるで修行僧の気分でした(-.-;)御飯を潰して水で練って糊を作り、格子表面に刷毛で薄く塗るも、乾きやすいので障子紙を貼る時は時間との勝負で真剣そのもの、失敗しながら母の手捌きを見ては難しく思って、初めて自分で全て仕上げる事が出来た時は嬉しかったです。乾燥させた後の紙の張り具合を見るのは、いつもドキドキものでしたが(*_*)、、よく晴れて乾燥した日の午前中に済ますのが良いと母から言い渡されていたのですが、つい青空に目が、、と、あらら、障子の張り替えを野本さんにお勧めするのは、、う〜ん(^◇^;)

Posted by: 杠葉 | Sunday, 28 January 2018 at 12:03

杠葉さん、コメント有難うございます。

アタシは、 1 年程前に少し千鳥足で障子破ってまして、、、補修済みなのでありましたが、今般、がお吉が盛大にやらかしてくれたので、一旦、貼ったのですが貼っている最中にまたまた乱入してバリバリと、、、(;^^A
その新たに破れた所の補修を終えましたらもうクタクタで、一部補修が手抜きになってて、それでは職人魂(!?)が許さないと言うんで本日また張り替えたのであります、、、。が、切り貼りが多すぎるので、暫くしたら本職の方に総張替えをお願いする事になると思います、、、。

素人が貼った障子でも、霧吹きをして乾けばそれなりになるのがもう堪りませんです!

Posted by: 野本 巌 | Tuesday, 30 January 2018 at 13:44

あははっ!するも堪忍されるも堪忍の状況下、職人魂に火が点いたご様子、お疲れ様です(^_^)がお吉くんのお陰で、楽しい(!)DIYライフも送れそうですネ。がお吉くん、ナイスワーク!

Posted by: 杠葉 | Thursday, 01 February 2018 at 10:45

杠葉さん、コメント有難うございます。

いえそれが、かなり寒い和室で孤独に障子張りしてましたので、再々度破られたときは、辛いものがありました。

まぁ、がお吉に怒っても仕様が無いので、諦めましたが。

Posted by: 野本 巌 | Monday, 05 February 2018 at 07:26

それは、それは、、大変でしたね。「耳従い、欲する処を行うも矩を超えず」を見据えるべき年齢に至って来ている自身を自覚するに、野本さんの示される事には大いに学ばせて頂くものがあります。

昨日まで、所属するボランティア団体の宿泊研修で数十年ぶりに石和へ、、公的施設の専門家の方から「観護」の定義についても伺いましたが、「保護」とは異なるアプローチで従事されている関係職の方々の活動にも頭が下がる思いです。

そう言えば、野本さんも昔から「見守る」のがお上手でしたね。大切に思うものを大事にしたいというご様子が伝わって来ます(^。^)

Posted by: 杠葉 | Tuesday, 06 February 2018 at 11:54

杠葉さん、コメント有難うございます。

次回破れたら、プロに任せます、、、あはは。

保護と観護の違い、、、子育てにも通じるような。
そう言えば、がお吉も石和温泉郷辺りから来たのでした、、、。

見守るというか、ボンヤリ見てたんだと思います。

Posted by: 野本 巌 | Tuesday, 06 February 2018 at 14:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 雀のお宿 | Main | 雪雪雪っ! »