« January 2018 | Main | March 2018 »

Thursday, 22 February 2018

電柱の交換

_1030931近所で電柱の交換を遣っている。元の電柱の近くに仮の電柱を立て、その仮の電柱に変圧器その他を移し、元の電柱を引き抜いて新しい電柱を立て、仮の電柱から変圧器その他を戻すという作業らしいが、おそろしく手間を掛けている。なかなかの観ものである。
(DMC-GM5, DG Macro-Ekmarit 45mm/f2.8 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (4)

Sunday, 18 February 2018

関口牧場

_1030925で、三浦海岸を南下すると大体というか殆ど間違いなく武山の陸上自衛隊駐屯地の近くにある関口牧場に行ってアイスクリームを食べることになっているのだが、実は先週の三連休の初日に出掛けたところ、三浦半島南下ルートでは有り得ない程の混雑で。おまけに関口牧場の駐車場に車が溢れかえり、ほうほうの体で逃げ出していたのだった、、、おそるおそる覗いてみると、セーフ。ご覧の上半分バナナ、下がバニラというこれまた嬉しい美味さのアイスクリームを平らげることが出来た。
_1030926場内には、牛舎は勿論、烏骨鶏の檻や羊も山羊も居るのだが、この山羊氏は、ほとんど犬の様な感じでごろごろとくつろいでおられるので、画像に収めさせて頂いた。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (0)

Saturday, 17 February 2018

三浦半島の春

_1030915_1030923早咲きの桜としては、伊豆の河津の河津桜が有名だが、その河津桜を三浦半島の南端に近い京急三浦海岸駅から三崎口駅に至る線路沿いでも見ることが出来る。実は、2 月の初旬辺りから気には留めていたが、2 月 5 日からの桜まつりでもせいぜい 2 部咲き、先週末でも 3 部がせいぜいで、とうとう今日になってしまった。沿線沿いの駐車場は、年に一度(?)のかき入れ時か、都心並みの価格設定で、アホらしいのでパス。で、パスすると沿線沿いの下草のアブラナと上は桜という美しい景色が撮れないのだが、筆者的には線路と歩道を隔てる金属製のフェンスがどうにもアカン。それに加えて、電車でも通らないと絵にならない、、、ので、三崎口まで行ってしまった。
_1030917三崎口駅付近にも御覧の通り桜はあるが、マグロもあるし、オープン・トップのツアー・バスも有り、結構な数の外人を含む観光客が多かった。筆者の感覚だがやはりこちらは光が綺麗かつ暖かい。駐車料金も随分と安かったのである。河津桜は、原種に近いのであろうが、花と葉が同時期に出るタイプで、色はかなりピンクが強い。個人的な好みはやはり清楚なソメイヨシノだが、それでも春を告げる桜の開花はとても嬉しい出来事だった。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (2)

Thursday, 15 February 2018

がお吉

_1030911生活の一コマ。がお吉が居る風景が日常になってきた。存在感がある犬だがまだまだ幼さも残っている。もっともっとリラックスして暮らしてくれるようになればもうそれ以上望むことは無い。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (2)

Tuesday, 06 February 2018

ぽつん

_1030906がお吉、カメラを向けると何故か表情が曇って必死に足元にやって来る。何かトラウマがあるのだろうか?「大丈夫だよ、大丈夫だよ!」と何度も声を掛けると少しだけ落ち着いて撮ったのがこの画像。元々かなりアンダー (Under Shot Jaw、受け口) なのだが、鼻から口にかけてやや歪んでいるのは、放浪していた時に事故に会ったか喧嘩でもしたのだろうか?ウチで引き取ったからにはそういう事は二度と起きないからと言い聞かせ、言い聞かせ、、、安心して暮らして欲しい。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (2)

Monday, 05 February 2018

関口牧場、再び (ii)

_1030902_1030903関口牧場でアイスを食べて、、、その日はもう一つ目的が有った。そう、関口牧場近くの安田養鶏場で、卵を買う予定があったのだった。車で数分、それこそ目と鼻の先に安田養鶏場はあった。特に店舗があるわけではないが、荷捌き場(?)兼販売所があり、そこで新鮮な野菜や採れたての卵を売っているのだ。野菜は新鮮そのもの、で、卵は、、、1個 30 円のアトムは売り切れていて、1 個 50 円のタフランという殻がやや青みを帯びた不思議な卵がしかも 1 ケースだけ残っていた。
_1030905幸せの青卵と書かれた紙片の入ったパック。その外側からも青みが分かる。説明によれば、ビタミン A, D, E や DHA を豊富に含む卵だそうで、アローカナという鶏種が生む珍しい卵だそうである。殻が厚く、割るのに少し力がいる。勿論、黄身も白身も普通の卵と色は同じだが、黄身のネットリ感が凄い。いや、しかし、、、知らないというか行ったことがない所やモノが次々に出てくる三浦半島は本当に興味溢れるところだ。
_1030907
夕食に、旭屋精肉店で買ったチャーシューと恵方巻その他を食べ、仕上げに 61 粒の大豆を食べて、筆者の節分は終了したのだった。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS cc 2018)

| | Comments (0)

Sunday, 04 February 2018

関口牧場、再び (i)

_1030901昨日は、曇り空から晴れ間も見え、天候が回復したので、スシローの三浦海岸店に、恵方巻を受け取りに行きがてら、ダイソーと関口牧場に行くことにした。恵方巻は、筆者的にはナンセンスなのだが、家人が食べたいと言ったのだ。そこで、普通の太巻きの寿司のようにちゃんと切って食すことを条件に食べることにした。で、先にダイソーに行き、ファイル他を買ってからスシローに行き、ぐるぐる寿司を食し、恵方巻を受け取って、関口牧場へ。_1030898先日は、1 週間毎にメニューが変わると書いたが、実際は 3 日毎であった。キャラメルが登場していたので、下にバニラ、その上にキャラメルという二段重ねを注文。面白いのは、違った 2 種類を同時に楽しめるひねりの入ったミックスもある事だ。加えて、コーンとカップが有り、カップの場合でもカップが食べられるので、人によってはカップの方が好みかもである。他の同様のアイスとの大きな違いは、関口牧場のアイスは、アイスクリームではなく、ジェラートという点。つまりシャリシャリ系だが、かなり木目が細かい。また溶けにくく、濃厚というよりもあっさりしているから画像の量でもペロリと食べてしまうのだった、、、つづく。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (2)

« January 2018 | Main | March 2018 »