« April 2018 | Main

Wednesday, 23 May 2018

小さきもの達

_1040209_1040212小さきもの達などと意味ありげに言う程のことではないのだが、今日は午後から雨、午前中僅かに出た晴れ間に、鉢植えを移動。その際、タイタンビカス(アメリカフヨウ、フヨウやハイビスカスの仲間)の葉と、唐辛子の葉でそれぞれ発見したのが、これら小さきもの達である。タイタンビカスの葉に張り付いているのはヨコバイ(ツマグロオオヨコバイ)である。横に這うように歩くのでヨコバイの名前がついたそうだが、じっとして動かない。葉をむしゃむしゃ食べるそうなのでどうしたものか考えあぐねていたが、雨と一緒に居なくなってしまった。もう一匹は、お尻の方から見たテントウムシ(の筈)だが、唐辛子の葉にはアブラムシ等は居ないので肉食の(それ故、益虫と呼ばれる)ナナホシテントウではない。ネットで検索してみるとヨツボシテントウムシ、べダリアテントウムシに似ているのだが、もしかすると頭部が違った形のテントウムシダマシやヨツボシテントウムシダマシかもしれない、、、結局、同定する前にこれまた居なくなってしまった。
(DMC-GM5, DG Macro-Elmarit 45mm/f2.8 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (0)

Sunday, 20 May 2018

立石海岸

_1040205_1040201昨日は、午前 10 時過ぎまでは曇り且つ湿度が高かったのだが、昼辺りから急速に回復して晴れたが、今度はうだるような暑さで、夕方近くは又曇りと、、、気圧の差が老人には堪える。で、三浦海岸辺りに行き、その帰り横須賀市秋谷の立石海岸に通り掛かった。ちょっとした用があったので、立石公園の無料駐車場に行き、そこから海岸を歩いた。あまり人手が多くなかったのが幸いだったが、水着を持っていれば一泳ぎしたくなるような暑さだ。踏みしめる砂の感触は靴底を通してはいたが、夏の感慨、、、これから暑くなる前に梅雨があるが、なにかワクワクするようなそんな気分になった。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (2)

Saturday, 19 May 2018

カクテル開花

_1040196_1040200で、狙い通り(!?)に、カクテルが開花。見覚えのある花だが、21 世紀ではなく、やはり 1950 年代といった古き佳き、、、個人的には、もう鬼籍に入られたが女優の団令子さん(!)的なややバタ臭く、小悪魔的、、、な、イメージと勝手に思っている。しかしこの彩度は凄い。
(DMC-GM5, DG Macro-Elmarit 45mm/f2.8 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (0)

Tuesday, 15 May 2018

額紫陽花とカクテル(つるバラ)

_1040194_1040191初夏のような日差しを浴びて、今年も額紫陽花の季節がやってきた。まだ蕾だが、例年になく多くの蕾(正確には中央の両性花の周囲を装飾花が取り囲んでいる散房花序)が、揃った。ここに来て、4 年目を迎えやっと花の勢いがついてきたのかもしれない。もう一枚の画像は、カクテルの苗木 3 鉢と枯れてしまった 2 代目乙女椿の後に植えた梅の苗である。乙女椿は、小柄の苗ではここの気候に耐えられないのかもしれないが、既に 3 代目の苗を準備し、現在は植えずに鉢植えの状態で養生している。で、梅は直射日光にも強いと聞いたので、、、である。カクテルは、フランスのメイアン(社)が、1957 年に作出したもので、筆者の誕生年と同じ。京成バラ園に足繁く通っていた頃は、よく画像を撮っていたしまた苗を買ってきて育てたりもしたのだ。で、この苗は、既に花が咲き終わったのが、 100 円で売られていたのを家人が発見し 1 鉢だけ買ってきたのだが、翌日に 2 鉢買い足したものだ。四季咲きなので、上手く行けば、、、と思っていたら無事に蕾がついた。これも植える場所を考えなければいけない。実は、紫陽花も最近の華やかな品種を植えたいのだが、もう庭のスペースが、、、しかし、人間、歳を取ると愉しみも変わるものだとつくづく思うのだ。
(DMC-GM5, DG Macro-Elmarit 45mm/f2.8 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (2)

Thursday, 10 May 2018

衣笠 (ii)

_1040187_1040188_2平日の昼下がりは、流石に人影もまばらだが、それでもややお年を召したそれも女性方がご友人と昼食を摂ったり、夕餉の買い物をされていたりする。毎日がお祭り騒ぎとは無縁だが逆にその静けさが生活のための商店街というやや重いが質実剛健な印象だ。左の画像は商店街の「やさい・くだもの浜っ子衣笠店」の店頭。この日も比較的多くのお客さんが集まっていた。右の画像は、玉寿々さんのカツ丼セット(合わせと呼称していた)。量がやや少なめなのは、メインとなる年配の女性を、、、って、そもそもカツ丼セットをワシャワシャ食する女性の存在というのが筆者にはあまり見えてこないのだが、兎も角、そういう感じである。玉寿々さんの店内は、静かだから隣席の女性客の会話が自然に聞こえてくる。年配の女性の声はソプラノ→アルトと変化するから、ボソボソとした感じの声で家の事、旦那さんの事、、、。もう一組は、芸能界の男性グループの話題で、、、聞き耳を立てずとも聞こえてしまうので、、、失礼。和洋中の食事を提供する店もあり、夕飯のおかずもココで揃うからまた来ようということになっている。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (0)

Tuesday, 08 May 2018

衣笠 (i)

_1040185_1040186マイブームという言い方が、少し前に流行ったが、まさに衣笠はマイブームの対象である。この横須賀市の一部、老人の比率がかなり高いと思われる地域が、筆者にとってのマイブーム先。商店街はやや疲れた感じだが、終わってはいない。否、結構頑張っている。流石に平日の昼下りは、くたびれた感じを否めないがそれでもかなり居心地の良い、、、追い立てられたり、自身が自身の存在を引け目に感じることのない、、、そんな場所が残っている。この喫茶店も、レトロ感を狙って、、、ではなくて、、、いつの間にかレトロになったというのが本当のところだろうが、それでも構わないという空気が流れているのが好ましい。都心の先端の店も良いが、周回遅れでも一向に構わない、、、そんな図太さが必要なのかもしれない。そう、若い連中に突っ込まれても、、、あなた方にはまだ良さがわからないと言ってのける、、、そんな感覚が必要だ。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (2)

Sunday, 06 May 2018

ネギボウズ

_1040183ネギ科の植物の聚繖花序(しゅうさんかじょ)、、、花が一つではなく複数が纏まって一つの花に、、、聚繖(しゅうさん)で検索しても、中国語の文献が多く出てくる。兎も角、ネギの花である。それはそれで良いのだが、拙宅のそれは、もう収穫されたネギが突如として花をつけ、それが開花したのだからとんでもなく珍しいことなのだと思う、思いたいが、、、実際は、珍しくもなんとも無いらしい。が、そんなもんだと居直らずに、この不思議な自然の営みを見れた幸せを感じていたい。
(DMC-GM5, DG Macro-Elmarit 45mm/f2.8 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (0)

Saturday, 05 May 2018

メダカの会(本番)

_1040177開会のファンファーレに始まって、数曲、、、、出来不出来はともかく、無事に終わって帰宅した。会長の S 氏から来年もファンファーレ宜しく、、、と言われた。葉山の秘境に大勢の人々が集う、都会では出来ない体験で、面食らいもしたが面白かった。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (0)

Friday, 04 May 2018

メダカの会

_1040170_1040176お世話になっている逗子スィング・ジャズ・オーケストラの団員の方にお誘いいただき、葉山メダカの会の会員有志が集まる会で、数曲披露することになった、、、と言っても野外の子どもたちを交えた親睦会での演奏なので、ガチのジャズではなく、加山雄三メドレーとかまた逢う日まで、、、だいたいこれらの曲の時代に青春を謳歌されていた方々が主たる会員、、、つまり七十歳超えの方々、、、に合わせたのである。本日が本番なのだが、昨日は場所の下見、、、御覧の通りの深山幽谷。花菖蒲やあやめの咲く、、、谷戸、、、住所的には葉山町長柄なのだろうか?
_1040171_1040174そもそも大学で教鞭をとられていた S 会長が、この地に絶滅危惧種であるクロメダカが生息しているのを発見され、その保護の目的で立ち上げたのがメダカの会。メダカが棲めるような良い環境を維持しようという意味もあるらしい。実際、掘られた池にはオタマジャクシやクロメダカ他がうようよしている。町役場の前の池にもクロメダカを放流し、その維持管理を受け持っておられる。その方の夫人の実家の土地がこの場所、、、なのである。それにしてもこの眺め、、、筆者も田舎育ちだが、田舎の商店街のど真ん中で育ったから、こういう景色は林間学校、、、自然観察の遠足先の様だ。兎も角、昨日午後、町役場の音楽練習室を借りて練習もしたので、今日はしっかり吹いてこようと思ってはいる。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (0)

Thursday, 03 May 2018

がお吉

_1040056_1040166あれよあれよという間に連休に入り、5月になってしまっていた。ウチのがお吉は、元気である。過日、血液検査をした際、Γ-GTP の値がやや高かったのだが、それ以外は健康そのものだった。Γ-GTP の値も突発的に高くなったのであれば良いが、飲酒はしないから、胆嚢・胆管部分の病変を抱えていなければ良いが、、、という感じである。いずれにしても次回はΓ-GTP のみの値を追ってみてからの対応になるという。兎も角、健康で面白おかしく犬生を送ってくれればそれ以上の望みは何もないのだから。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (2)

« April 2018 | Main