« 横須賀 ザクロ (ii) | Main | BBQ »

Tuesday, 28 August 2018

夏の終わりに (i)

L1000226まだまだ暑い日が続く、、、どころではなくとんでもなく暑いのであるが、、、もう直ぐ 9 月を迎えるので、何とか過ごしやすくなって欲しいとの気持ちを込めたタイトルである。ここ十年くらいは、カメラよりも寧ろラッパに傾倒している身としては、なんだが、、それでもカメラを持ち歩き機会ある毎に撮ってはいるのだが、全精力を掛けた(としておこう) Leica R の系譜も今はなく、なんとなく Panasonic の micro4/3" を使っているのだが、、、と、老人の愚痴みたいになってきたから止めるとして、Summicron-M 50mm/f2 を引っ張り出して、撮ってみることにした。
L1000228L100022930 年ほど前にこのレンズを入手した時は、比較的現代的な写りの高性能レンズだったのだが、Leica M に装着して撮ってみると、ご覧の通り、ややホワッとした雰囲気が出る。開放での描写だから致し方ないが、現代のスッキリ・シャッキリ・カチーンと撮れるレンズとは違った写りである。と同時に、「あの」 Summicron 50mm が、こんなにクラッシックな雰囲気を持つレンズであったのは、意外だった。
L1000230自分の記憶の中の Summicron 50mm は、もっと硬いレンズだったのだが、それともレンズも老いていくと角が取れて丸い描写になっていくのだろうか?などと書いていると老人の世迷い言になってしまうので、時間がある時に色々と撮ってみたいと思う。しかし、最短が長い M レンズは筆者的には使いづらいのである。
'Leica M, Summicron-M 50mm/f2, Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

|

« 横須賀 ザクロ (ii) | Main | BBQ »

Comments

デジカメに慣れてしまうと、LeicaM(私はM9)で使うと近接が弱いのは確かに・・・とは思いますね。それもあってか、α9+ヘリコイド付きM-FEアダプタでの使用が多くなってしまうのがちょっと悲しいかも?

Posted by: ム | Tuesday, 28 August 2018 at 06:09

ムさん、コメント有難うございます。

アタシは、SONY α、、、売っぱらっちゃいました。結局、純正レンズ買ってなかったし、R レンズを使うにしても、カメラ本来の機能の殆どが使えないし、、、。

アダプターで付く以上の「何か」を求めるのは無理だと分かっているのですが、、、、。なんだか、その辺りの限界に気付いて、楽器に行っちゃった気がします。

Posted by: 野本 巌 | Wednesday, 29 August 2018 at 22:23

確かに、デジカメ+アダプタ使用はちょっと味気ないですよね。 私は銀塩回帰していたのですが、最大の被写体がいなくなってしまってちょっと萎んているところです。

Posted by: ム | Wednesday, 29 August 2018 at 23:09

ムさん、コメント有難うございます。

お気持ち、お察しします。

ご縁があれば、またワンコを迎えられることもあると思いますが、これまで撮られたワンコ達の写真はもう宝物ですよね。

ウチは歴代ワンコの写真をやっと飾れるようになりました。失った悲しみは今も残っていますが、それよりも一緒に過ごした年月を愛おしむ気持ちが強くなったのでしょうか?

Posted by: 野本 巌 | Friday, 31 August 2018 at 09:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 横須賀 ザクロ (ii) | Main | BBQ »