« 晩夏の蝉 | Main | Nikon Z7, Z6 »

Thursday, 23 August 2018

蟻たち

_1040362今日は、遅くとも夕方には雨が降りだすだろうと云うので、花の鉢を移動。動かした鉢の跡からミミズの亡骸とそれに群がる蟻。今夏は蟻を多く見掛けたが、通常は漆黒の大小の蟻で、やや茶色みを帯びた小さな蟻が登場するのはミミズの遺骸処理の時だけである。つまり、この小さな茶色の軍団は、亡骸の処理のプロ集団ということになる。おそらく(イエ)ヒメアリという種類ではないかと思うが、亡骸の解体の流れがあまりに見事で、暫くの間、見入ってしまった。
(DMC-GM5, DG Macro Elmarit 45mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

|

« 晩夏の蝉 | Main | Nikon Z7, Z6 »

Comments

私も「今年はアリ多いな」と思ってました。 家の周りで見かけるアリは、小さくて赤っぽいのが多いので「新種?」とか思いましたが、どうなんでしょうね?

Posted by: ム | Friday, 24 August 2018 at 11:04

ムさん、コメント有難うございます。

今年(去年から?)は、ヒアリという強毒性の蟻が話題になったりしてますよね。小さくて赤っぽいといえばヒメアリとかイエヒメアリとか、、、死骸掃除が得意らしいですが、、、ではないでしょうか?

Posted by: 野本 巌 | Friday, 24 August 2018 at 14:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 晩夏の蝉 | Main | Nikon Z7, Z6 »