« 橋本家 i(幸手) | Main

Tuesday, 12 February 2019

橋本家 ii(幸手)

_1040619事前に調べておいたのだが、結局、飛び込みで注文した。「あのう、注文は事前にしないとダメですか?」「いえいえ、今作っているのがありますので、お待ちいただければ作りますよ!」と女将さんがおっしゃるので、待つことにした。全てが経木の折り詰めが 800 円で、紙箱が 750 円という情報は持っていたが、支払った金額は紙箱のそれ。品の良い女将さんは、橋本茂子さんとおっしゃるらしい。葉山に帰る際の手土産、ずっしりと重みが伝わる。
_1040621自宅に着いて、開けてみるとやはり猛烈な密度。干瓢巻大小、、、その干瓢の煮方が絶妙である。やや甘めの味付け。お稲荷さんは、お揚げの厚みが凄い。伊達巻卵のように見えるが、しっかり酢飯が下に敷いてある。生姜は紅生姜仕立て。これは二人前が一箱に詰まっている感じ。優しい味付けの逸品。有り難く頂戴したが、幸手はなかなか奥深いと実感した日だった。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

|

« 橋本家 i(幸手) | Main

Comments

このお寿司は上品でいい感じですね。食べてみたいです。

Posted by: ム | Tuesday, 12 February 2019 at 08:59

ムさん、コメント有難うございます。

変哲もない寿司ですが、過去に思いを馳せると、懐かしい味がします。
まだまだ、開拓してみようかしら?

Posted by: 野本 巌 | Tuesday, 12 February 2019 at 19:19

ふむー、なるほど.

東京低地では基本この種は「甘いもの屋」の守備範囲で、店内であんみつなどを食わせる店で買うものでした.何かその「持ち帰り部門」だけ独立したような雰囲気ですね^^

Posted by: Toru | Tuesday, 12 February 2019 at 19:47

Toru さん、コメント有難うございます。

なるほど、、、、!
甘味処のメニューの一つだったんですね。

この橋本家さんも、店内にテーブルがあるので、また行ったときにかつては甘味処だったのかどうかと聞いてみたいと思います。

Posted by: 野本 巌 | Wednesday, 13 February 2019 at 06:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 橋本家 i(幸手) | Main