« 霧の朝 | Main | 本年もよろしくお願いします。 »

Tuesday, 24 December 2019

クリスマス・イブ

_1050010

今日は、クリスマスイブ。浄土真宗の筆者には、、、そういう出だしで書くのはもう止めておこう。もうクリスマスを迎えるのも 60 回を越え、思い出に残るクリスマスもあったし、忘れられないクリスマスもあったはずだが、実は殆ど全て忘却の彼方へ、、、。で、午後に関係先を訪ねて銀座へ。そこで見つけた冬というのか秋の名残というのか、、、意味不明である。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

|

« 霧の朝 | Main | 本年もよろしくお願いします。 »

Comments

そういえば、忘れてしまうことを赤瀬川先生は「忘却力」と呼んでポジティブにとらえていましたね。

Posted by: ム | Wednesday, 25 December 2019 07:53

ムさん、コメント有難うございます。

おぉ、懐かしい、、、、老人力ってありませんでしたっけ?

実際、人間は忘却するから生き永らえることが出来るとさえ思ってます。もし全ての苦しみと痛みをそのまんまで背負ってたら、、、生きていられませんものネ!

Posted by: 野本 巌 | Wednesday, 25 December 2019 17:10

「忘れ得ぬ」、、そんな素敵な言葉があります。
愛と優しさと誠に触れ、喜びと感謝に裏打ちされた記憶というのは、いつまでも残るもの、、生きながらえるのは、忘却よりも、そんな記憶のお陰かもしれません。彼らを忘れたくない、、そんな想いも大切にしたいものです。

Posted by: 杠葉 | Friday, 27 December 2019 18:16

杠葉さん、コメント有難うございます。

忘れ難き故郷、、、そうですね、忘れ得ぬ、、、そーかぁ。
浸る感じですね、、、良かったなぁ、、、って。
人、事、物、、、全て懐かしくそして少し悲しいですネ。

Posted by: 野本 巌 | Tuesday, 31 December 2019 08:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 霧の朝 | Main | 本年もよろしくお願いします。 »