« December 2019 | Main

Wednesday, 08 January 2020

幸手 (iv)

_1050041 _1050042

幸手という所は、ある人に言わせるとバブルの時代、一戸建てを持ちたかった人々の北限(!?)の地であったと。まぁ、それは大袈裟過ぎると思うが、バブル崩壊後それなりの数の幸手の住宅が銀行によって競売に掛けられたとも聞く。それらの人々の無念の情が今でも聞こえてくるようなそうでもないような。兎も角、筆者はここ暫くはこの地で頑張っていくと決めたのであった、、、(って、そんなに大変なことでは無いのだが)。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (2)

Tuesday, 07 January 2020

幸手 (iii)

_1050036

駅から借りているアパートまでは徒歩で十分弱。殆ど他に歩いている人も居ない道をぽっつりぽっつりと歩く。脇道に入ると、プロパンガスのボンベが。そう、日本全国都市ガスが来ている訳ではないのだ。しかも公営ガスではないので、プロパンガスは割高である。自宅のある葉山も都市ガスとプロパンガスが入り交じっているのを思い出した。
_1050038_1050040路傍の花と、朽ち果てた鉄製のフェンス。実に味わい深い。気持ちに余裕を持ってもっと色々と撮ってみたい。
そんな午後であった。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 Pro, PS CC 2018)

| | Comments (0)

Monday, 06 January 2020

幸手 (ii)

_1050032_20200106204701 _1050033_20200106204701

幸手駅は、昨年駅舎が新しくなったのだが、駅舎と言うより殆どホームを跨ぐ橋に部分が独立したような駅舎で、東京駅のような立派な「駅」があるわけではない。なので、やや寂しかったりする。やはり、「駅舎」をキチンとして欲しいというのは贅沢すぎるのだろうか?翻って駅舎をキチンとすると、二階より上が飲食店街やショッピング街になったりしていて駅舎と呼ぶよりは雑居ビルみたいに見えてしまう。個人的には駅は駅として存在感を示して欲しい気がする。で無いと、正直写欲が起きないのである。
_1050034_20200106204701で、この駅前の風景。冬なのでかなりドラマティックに見える。閑散としているが、時間帯が変わるとかなりの人々が通勤や通学で使っているのを知って、やはり鉄道は凄いと思ってみたりしている。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (0)

Sunday, 05 January 2020

幸手 (i)

_1050031

正月休みも終わり、赴任先の幸手に帰還。昨年後半は、仕事に集中し過ぎて疲れ果て、画像もあまり残していなかった。ここに来て、SIGMA fp が欲しくなっているので、自宅から幸手に来る途中の乗換駅にあたる錦糸町のヨドバシカメラさんで、SIGMA fp の実機を触ってみた。実質、現在の愛機、Panasonic DMC-GM5 より一回りくらい大きく、重いが、ビビビとまでは行かずともビビィくらい来てしまった。ついでにカタログも貰い、久し振りの高揚感と共に幸手に到着。検討開始である。RAW 現像ソフトはフォーマットが DNG なのだが、Capture One 20 は、対応しているのか不明で、ちょっと気になっている。筆者としては、Capture One が必須と思っていたりするから。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (2)

Saturday, 04 January 2020

十二支飾り

_1050025

横須賀の西友 LIVIN で、売れ残っていた十二支飾りを買った。華々しく売りに出されていても正月を過ぎれば不要品扱い、まぁ、我々もうかうかしていられないのだが。次に子を飾るのは十二年後だが、果たして生きているのかどうか?ただ一つ言えるのは、十二年より短ければそれはそれで、覚悟を決めて生きることが出来るのかもしれない。
次のカメラと言うか、R レンズのプラットフォームを探していたが、SIGMA fp 辺りどうだろうか?と思い思いしている。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (2)

Wednesday, 01 January 2020

本年もよろしくお願いします。

20202

今年もよろしくお願いします。

| | Comments (6)

« December 2019 | Main