« 幸手 (i) | Main | 幸手 (iii) »

Monday, 06 January 2020

幸手 (ii)

_1050032_20200106204701 _1050033_20200106204701

幸手駅は、昨年駅舎が新しくなったのだが、駅舎と言うより殆どホームを跨ぐ橋に部分が独立したような駅舎で、東京駅のような立派な「駅」があるわけではない。なので、やや寂しかったりする。やはり、「駅舎」をキチンとして欲しいというのは贅沢すぎるのだろうか?翻って駅舎をキチンとすると、二階より上が飲食店街やショッピング街になったりしていて駅舎と呼ぶよりは雑居ビルみたいに見えてしまう。個人的には駅は駅として存在感を示して欲しい気がする。で無いと、正直写欲が起きないのである。
_1050034_20200106204701で、この駅前の風景。冬なのでかなりドラマティックに見える。閑散としているが、時間帯が変わるとかなりの人々が通勤や通学で使っているのを知って、やはり鉄道は凄いと思ってみたりしている。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

|

« 幸手 (i) | Main | 幸手 (iii) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 幸手 (i) | Main | 幸手 (iii) »