« 幸手 (iii) | Main

Wednesday, 08 January 2020

幸手 (iv)

_1050041 _1050042

幸手という所は、ある人に言わせるとバブルの時代、一戸建てを持ちたかった人々の北限(!?)の地であったと。まぁ、それは大袈裟過ぎると思うが、バブル崩壊後それなりの数の幸手の住宅が銀行によって競売に掛けられたとも聞く。それらの人々の無念の情が今でも聞こえてくるようなそうでもないような。兎も角、筆者はここ暫くはこの地で頑張っていくと決めたのであった、、、(って、そんなに大変なことでは無いのだが)。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

|

« 幸手 (iii) | Main

Comments

この家、是枝監督の映画に出てきそうな感じでいいですね。

Posted by: ム | Wednesday, 08 January 2020 09:00

ムさん、コメント有難うございます。

もう住んでる方はいらっしゃらないと言うか、倉庫代わりに使っておられるようでした。昭和四十年代でしょうか?

Posted by: 野本 巌 | Wednesday, 08 January 2020 18:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 幸手 (iii) | Main