« 十二支飾り | Main | 幸手 (ii) »

Sunday, 05 January 2020

幸手 (i)

_1050031

正月休みも終わり、赴任先の幸手に帰還。昨年後半は、仕事に集中し過ぎて疲れ果て、画像もあまり残していなかった。ここに来て、SIGMA fp が欲しくなっているので、自宅から幸手に来る途中の乗換駅にあたる錦糸町のヨドバシカメラさんで、SIGMA fp の実機を触ってみた。実質、現在の愛機、Panasonic DMC-GM5 より一回りくらい大きく、重いが、ビビビとまでは行かずともビビィくらい来てしまった。ついでにカタログも貰い、久し振りの高揚感と共に幸手に到着。検討開始である。RAW 現像ソフトはフォーマットが DNG なのだが、Capture One 20 は、対応しているのか不明で、ちょっと気になっている。筆者としては、Capture One が必須と思っていたりするから。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

|

« 十二支飾り | Main | 幸手 (ii) »

Comments

カメラは銀塩でもデジタルでも「買うまでの検討」が楽しいですよね。

Posted by: ム | Sunday, 05 January 2020 17:53

ムさん、コメント有難うございます。

はい、かなり長い間、ろくすっぽ検討しないで、気がついたら手元にあった、、、という買い方をしてきたので、、、まぁ、それだけ R に血道を上げてきたのですが、、、検討するってどうやるのか忘れてました。

SIGMA fp は、個人的に吸引力が凄いのですが、果たして SIGMA さんが社会的責任を果たすといった感じで、今後も続けてくれるのか?正直、fp の出来不出来よりもそこが気になりますのです。

簡単に言えば、小改良を施しながら fp II, fp III を出し続ける覚悟があるかどうか?

であります。

Posted by: 野本 巌 | Sunday, 05 January 2020 18:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 十二支飾り | Main | 幸手 (ii) »