« 夜の葉山 | Main | 幸手(暮景) »

Saturday, 12 September 2020

Restaurant La Maree

_1050314

こういう夜の光景を撮るのは随分久しぶりだなぁ、、、。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2020)

|

« 夜の葉山 | Main | 幸手(暮景) »

Comments

私にはすっかり遠い光景で憧れます

Posted by: ム | Monday, 14 September 2020 08:41

ムさん、コメント有難うございます。

アタシにとっても、、、遠い記憶みたいな、、、です。

Posted by: 野本 巌 | Tuesday, 15 September 2020 20:57

LA MAREE、、「海」(la mer)より「潮」「海の幸」を意味する此方の言葉の方が、波の打ち寄せる砂浜を前景にした同施設のフォトジェニックな景観や同店のコンセプトからすると、とてもマッチしていますね。最寄りのバス停近くにある有料駐車場からのアングルは、風景と建物の配置や天と地の比率が実に素晴らしく、とても嬉しい一枚が撮れていました。

8月初めの朝、快晴の青空を見て急に思い立ち、昼には逗子駅に立っていました。佐島マリーナまでの往路を西海岸沿いにバスで、、と思いきや乗り込んでしまったのが内陸ルートのバス、葉山町役場前に至って漸く気付き、、しょうがないので、帰路を海岸沿いに、、が、実際は、途中をバスで少し乗り繋いだだけで、西海岸沿いの国道を延々と歩き続け、、立石公園や地元の幾つもの小さな砂浜は程よく人が賑わい、波音が耳に心地好く、、名だたるレストラン、ホテル、民家などの個性的な建物を拝見ながら、40年程前にLA海岸を散策した時の感覚が思い出され、そのまま踏破してしまいました。葉山港辺りで、遅い日没直後のまだ爽やかな蒼が広がる空と棚引く鴇色の雲を背景に、ほわっと浮かぶ暖かい灯り群が目に入り、夕食には少し遅い時間でしたが、初めて同店を訪れてみました。

店名やお洒落な建物外観からFrench Styleを察したものの、1Fは、、差し出されたコースターに「HARRY‘S」と英語のロゴが、、尋ねてみると、ここのコースタル・スタイルは、カリフォルニア州から輸入したコンセプトだそうです。運良くテラス席を頂戴できましたが、米国創業者の写真が飾られているという暖炉のある大広間にも案内して下さって、有難い事に、2FのRestaurantフロアの見学も促され、お言葉に甘えてみました。近頃流行りのカジュアルフレンチに比べ、高価で上質のメニューや雰囲気、ホスピタリティーを守っている様子、コロナ禍でご苦労もあるものと推察しますが、地元の新鮮な海産物や農産物があっての「地の利」に支えられている素晴らしいお店ですね。名刺をくださったマネージャーさんと、近い内に仏語の通訳を兼ねて息子達を連れて行く事を約束、さらに、料理修行のために10代で渡仏して本格Frenchのシェフを目指している、知人の娘さん(今春、22歳にして若手店長に起用され、、)も誘ってみるつもりです。

その日の昼の逗子駅前で、見てくれが悪いだけで出荷できないという三浦半島産の果物や野菜をジュースやかき氷シロップに加工して販売していた主婦の方々(NPO法人 「Mottainai」)と懇意になり、逗子市役所横に設置されているレンタルサイクルの予約アプリを教えて貰っていたのですが、残念ながら、この度は、、車を全く持たない我が家、私にはそのレンタル「電動」自転車というのが、かなり魅力的だったのですけどネ。数日前、大手町で見つけた「乗り捨てカー」というシロモノ(二人乗りで、白いボディに青いラインが入り、丸みを帯びた外観がとても可愛らしい!まだ、実験事業だそうですが、、)を見つけ、今は食指がそちらにも向いております。この処「マイクロツーリズム」という言葉が出回っているようですが、私のそれは、東京都心、横浜、三浦半島だけでなく、先月末には大阪まで広がっております(*^^*)

週末教師は見送られました。が、実は、公私共に多忙を極めており、、コロナ禍だろうがそうでなかろうが、経験上、海外向けの事業というのは、いつ如何なる時もそれなりに忙しく、在宅勤務の開始をなるべく延期しているものの、いよいよスマートデバイスの諸々が一気に降って来て、今やPC4台と携帯電話3台を操作中、、不本意ながら、異人類(?)に進化させられそうな気分です。

Posted by: 杠葉 | Thursday, 24 September 2020 22:35

杠葉さん、コメント有難うございます。

幸手と葉山、時々、赤坂、銀座、六本木、、、(;^^A

正直、最近、、、葉山ってどうよ、、、って感じになりつつあって、ひねくれ者の自分にしてみるとどうしようか?と思っています。

困ったもんだ。

Posted by: 野本 巌 | Tuesday, 29 September 2020 18:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 夜の葉山 | Main | 幸手(暮景) »