« SIGMA fp + Elmarit-R 19mm/f2.8 Type II (ii) | Main | 錦糸町駅北口からの東京スカイツリー »

Sunday, 22 August 2021

Apo-Summicron-R 180mm/f2

_sdi0469

Apo-Summicron-R 180mm/f2 の絞り環の不調(不動)についてご報告したが、この夏の暑さで油脂が柔らかかくなったのか突然動き出した。が、腐食されてしまった絞りリングはギトギトのままである。でも嬉しいので暗いところでがお吉を撮ってみた。ISO 6400 かつ Capture One で、暗部を思い切り持ち上げているのでノイズだらけであるが、まあ、R レンズなので、そういう事は全く意に介さないのであった。
(SIGMA fp, Apo-Summicron-R 180mm/f2, Capture One 21 PRO, PS CC 2021)

|

« SIGMA fp + Elmarit-R 19mm/f2.8 Type II (ii) | Main | 錦糸町駅北口からの東京スカイツリー »

Comments

ウチのアルパレフレックスも真夏にはオイルが緩く?なるようで高速シャッターが開くようになります(笑)

Posted by: ム | Tuesday, 24 August 2021 07:44

ムさん、いつもコメント有難うございます。

気温差で、油が緩くなるのってホントなんだなぁ、、って実感してます。
でも、レンズの絞り環ってホントに動かなくなるのねとも思ってます。

Posted by: 野本 巌 | Tuesday, 24 August 2021 22:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« SIGMA fp + Elmarit-R 19mm/f2.8 Type II (ii) | Main | 錦糸町駅北口からの東京スカイツリー »