« April 2024 | Main | June 2024 »

Friday, 31 May 2024

南郷上ノ山公園 (vi)

L1000993

木の葉も艶々である。これから梅雨そして夏!
(Leica M, Summilux-M 50mm/f1.4, Capture One 21 PRO, PS CC 2024)

| | Comments (2)

Thursday, 30 May 2024

南郷上ノ山公園 (v)

L1000992

キャンプ場は常設していないから、これは日除けの意味なんだろうけれど、最近のハイキングはオシャレである。
(Leica M, Summilux-M 50mm/f1.4, Capture One 21 PRO, PS CC 2024)

| | Comments (0)

Wednesday, 29 May 2024

南郷上ノ山公園 (iv)

L1000988

休日ともなれば、キッチンカーが十台弱お出ましになって、家族連れも多くなかなか賑わっている。地元も多いが、横浜辺りからも結構人が来ているようだ。と言っても、みなとみらいの人出とは比べ物にならないのだが。
(Leica M, Summilux-M 50mm/f1.4, Capture One 21 PRO, PS CC 2024)

| | Comments (2)

Tuesday, 28 May 2024

南郷上ノ山公園 (iii)

L1000987

西洋アジサイの一種であろうか?カシワバアジサイ ハーモニーという北米原産の品種に似ているというかそのものだろうか?
(Leica M, Summilux-M 50mm/f1.4, Capture One 21 PRO, PS CC 2024)

| | Comments (2)

Monday, 27 May 2024

南郷上ノ山公園 (ii)

L1000989

もう緑の濃さが違う。て言うか、手つかずの状態で、整備されていないというのが的確かもしれない。取り敢えず、この柵の向こうは立入禁止になっていた。
(Leica M, Summilux-M 50mm/f1.4, Capture One 21 PRO, PS CC 2024)

| | Comments (2)

Sunday, 26 May 2024

南郷上ノ山公園 (i)

L1000984

葉山町の長柄にある南郷上ノ山公園。起伏のある地形の葉山町の中で、やや高い所にあり、広大な面積を持つ緑地公園である。銀杏の紅葉が最も有名だが、筆者はこの新緑の時期も好きである。
まずは、駐車場に車を停めて、散策開始。
(Leica M, Summilux-M 50mm/f1.4, Capture One 21 PRO, PS CC 2024)

| | Comments (0)

Tuesday, 21 May 2024

日常と非日常

L1000982

少し前に撮ったこの画像。単身赴任をしている筆者の今の平日の日常の光景である。で、これで、単身赴任が終わり、自宅に戻ったとすると今のこの日常の何の変哲もない光景は、とても貴重な記憶の1頁となるのだ。何か、不思議な気持ちがするが、その意味で、日常を撮り続けることはとても意味があることなのだと思う。
(Leica M, Summilux-M 50mm/f1.4, Capture One 21 PRO, PS CC 2024)

| | Comments (2)

Tuesday, 14 May 2024

Poppy

L1000964 L1000970

幸手の権現堂公園のポピー。こういう公的な場所で、植物を手入れされている方々には本当に敬意しかない。すべて開放で撮っている。
(Leica M, Summilux-M 50mm/f1.4, Capture One 21 PRO, PS CC 2024)

| | Comments (2)

Saturday, 11 May 2024

田植えの時期

L1000962

最近は、都内を通っても幸手と逗子の間の行き来だから、この風景の方に馴染んでしまっている。筆者にとっては、やはり東京は夢の街。
(Leica M, Summilux-M 50mm/f1.4, Capture One 21 PRO, PS CC 2024)

| | Comments (2)

Friday, 10 May 2024

東京タワー

L1000959

東京タワーは、いつ見ても暖かい。
(Leica M, Summilux-M 50mm/f1.4, Capture One 21 PRO, PS CC 2024)

| | Comments (0)

Tuesday, 07 May 2024

自由が丘のこと (vi)

L1000957

きれいな花が並ぶ。かなりごちゃごちゃしている街の印象にはなったが、高齢の方々向けにベンチがあちらこちらに、これは試みとして今後のまちづくりの参考になると思う。
(Leica M, Summilux-M 50mm/f1.4, Capture One 21 PRO, PS CC 2024)

| | Comments (0)

Monday, 06 May 2024

自由が丘のこと (v)

L1000953

その昔の原宿にあったような、と言っても自由が丘にも昔からあったような、、、って、もう五十年近く前の記憶。しかし、あの時代からずっとブランドで有り続けるこの街は凄い。
(Leica M, Summilux-M 50mm/f1.4, Capture One 21 PRO, PS CC 2024)

| | Comments (2)

Sunday, 05 May 2024

自由が丘のこと (iv)

L1000951

キッチンカーなんかも普通の風景になる。妙齢のご婦人方が散策されてとても楽しそうだ。まぁ、筆者は最もこの街に似合わない類のおっさんだと自覚している。第一、目がチカチカして来る。
(Leica M, Summilux-M 50mm/f1.4, Capture One 21 PRO, PS CC 2024)

| | Comments (2)

Saturday, 04 May 2024

自由が丘のこと (iii)

L1000949

ちょっと裏に入ったところにあるホテル。名前がイカしている。
(Leica M, Summilux-M 50mm/f1.4, Capture One 21 PRO, PS CC 2024)

| | Comments (2)

Friday, 03 May 2024

自由が丘のこと (ii)

L1000943

自由が丘の遺産とも言える、自由が丘デパート。多くの小売店がビル内で所狭しとひしめいている。今どきの言い方をすれば昭和であろうが、いずれは建て直すのであろうか?中野のブロードウェイにも思いを馳せる。しかしこのレンズの発色の見事なこと。
(Leica M, Summilux-M 50mm/f1.4, Capture One 21 PRO, PS CC 2024)

| | Comments (0)

Thursday, 02 May 2024

自由が丘のこと (i)

L1000946

この街に、住んだことはない。が、学生時代を通して身近な街であり、2012 ~ 2014 年の一時期、八雲に住んでいた時代の隣町であったのは、事実である、で、この駅前の再開発の写り。やや狂気を孕んだやうな、、、いやいや、それは、筆者の精神状況ゆえと言いたいが、やはりそうではない。
なんちて。
(Leica M, Summilux-M 50mm/f1.4, Capture One 21 PRO PS CC 2024)

| | Comments (2)

Wednesday, 01 May 2024

雨の5月

L1000941

雨である。
(Leica M, Summilux-M 50mm/f1.4, Capture One 21 PRO, PS CC 2024)

| | Comments (2)

« April 2024 | Main | June 2024 »